プロジェクションマッピング
CATEGORY

プロジェクションマッピング

プロジェクターを利用して対象物の形に合わせてマッピングができるクリエイター。発展形として立体物に映像を照射してまるで色や形がかわったように表現する事が可能である。

活用例

イベント演出/展示/ブライダル

プロジェクションマッピング事例を見る

ご依頼いただいた結婚式二次会へ、プロジェクションマッピングを含む様々な提案をさせていただきました。また他にもバルーンアート・ケータリング・音響(DJ含む)・動画制作をご提案させていただきました。

約5万人が来場するデザインフェスタに、hoshizoraとして展示を行い、ライブペイントと映像(プロジェクションマッピング)のコラボを展示として実現させました。

タップすると事例を見る事ができます。

参画クリエイター

JUNKI YOSHIOKA

看護師の経験をもとに、病院でのプロジェクションマッピングや身体可動性に合わせたデジタルアートを制作・実施をするマルチクリエイター。センシング(センサーから得られる情報)などを元にしたインタラクティブなデジタルアートの製作が得意であり、医療現場に限らず、イベント制作・展示の現場でも活躍。

SINO

デザイン専門学校を卒業後、DJ、VJ、映像演出と業務領域を増やしてきたマルチクリエイター。PRイベントでの映像切替やエンタメイベントでの映像演出等の依頼を受けつつ、VJグループの主催や研究会発足、イベントの主催、映像演出協力等の活動にも力を入れている。

>