提供サービス

人物写真・イベント撮影

得意なスキル

ポートレート撮影・イベント撮影・スナップ撮影・マタニティ撮影


取材・ポートレート

イベント撮影

スナップ撮影

マタニティ撮影

プロフィール

RYO MATSUSHITA /リョウ マツシタ

「そこにある非日常」を描くカメラマン/ライター

幼いころから絵画教室に通い、漫画や油絵を描く生活を過ごす。
絵画の中でも油絵を得意としていたが、時折その自由性と写実性に悩むようになった。

クリエイティブに対して思いもはせながらも、京都大学経済学部へ進学し、Webのベンチャー企業に就職。マーケティングやディレクションを学んだ。

ある時、プロカメラマン開催の写真講座に参加。撮影した写真が講座中のベストショットに選ばれる。プロから初めて評価され、写実的な世界をカメラを通じて描けることが嬉しく感じた。継続して人物や風景の撮影や取材を行うようになり、独立をした。

撮影では、マタニティフォトを初めとした様々撮影依頼を受けた。特にマタニティフォトでは朝靄のかかる明治神宮で幻想的な写真を撮影。ビジネスとして依頼料をいただいてるにもかかわらず、雰囲気のある写真が撮れるのは、被写体である相手のライフスタイルやバックヤードがあり、そして本人の協力無しではできないと感じるようになる。

取材・ライター活動の中でも2~3メディアからのライティング依頼を引き受け、「話されたことを理解し、イメージをできるまでヒアリングする」ある意味写実的なスタイルを続ける。また妊婦や、職業人、起業家等へ撮影・取材を続ける中で、どんな人にも自分、一般の人に体験してない非日常が確かにそこにある事に気づき、撮影やライティングでそれを表現する事にいきがいを感じるようになった。

その後も制作・ディレクションした「三人楽器」のPVと、ドキュメンタリー映像がCXフジテレビ「とくダネ!」にて放送される等の実績を残す。

様々な活動を通じて、クリエイターとしての統一した世界観よりも、作品ごとに違う対象の非日常をスチール撮影やライターとして表現。飾らない瞬間、雰囲気が凝縮されたショットを逃さず取り上げる事を得意とするようになった。

関係事業

クリエイターへの依頼と共に、マイク・ミキサー・スピーカー等の音響、プロジェクターやスクリーン等の映像機材をレンタルする事が可能です。
 

hoshizora_twitterを
>