インタラクションアート
CATEGORY

インタラクションアート

表現の中に、オーディエンスのアクションを加えて変化が起こるアート。主に近年ではデジタルアートの手法の一つとして使われ、センサーと動画、モニュメントを組み合わせてイベントや店舗での来場者に体験をさせるアートとして表現される。

活用例

イベント展示/展示/ワークショップ

参画クリエイター

JUNKI YOSHIOKA

看護師の経験をもとに、病院でのプロジェクションマッピングや身体可動性に合わせたデジタルアートを制作・実施をするマルチクリエイター。センシング(センサーから得られる情報)などを元にしたインタラクティブなデジタルアートの製作が得意であり、医療現場に限らず、イベント制作・展示の現場でも活躍。

>